顎ニキビはビタミンを摂る治し方が正解?原因からわかる関連性とは。

顎ニキビ ビタミン

顎ニキビとビタミンの関連性とは?

顎ニキビとビタミンの関連性として、
にきびの出来にくいお肌に整えていくにはビタミンCがオススメです。

 

ビタミンCには若干皮脂を抑える効果というものがあり、
ニキビ予防に役立っているからです。
また、ニキビ跡の赤みを薄くしたりする作用にも期待できます。

 

しかしビタミンCといっても、成分には様々なタイプがあるので
知っておいたほうが良いポイントも有ります。

 

オススメのビタミンCは

 

  • リン酸型
  • APPS

 

と呼ばれるタイプのものです。

 

純粋なビタミンCとしては「アスコルビン酸」になるのですが、

これを浸透しやすいように改良されたのがビタミンC誘導体になります。

 

成分表示に先ほどの

 

  • リン酸型:リン酸アスコルビル
  • APPS:パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na

 

といったように表示されるので、もし成分を見て決めようと思った時にこれらが含まれていたら、
顎ニキビの治し方としてビタミンを用いる方法を使うのなら、ぜひ確認しておきたい成分になります。

 

また、乾燥も顎ニキビを助長させるので、

ビタミンC誘導体の化粧水の上から必ず保護美容液を塗るように心がけていくのがポイントです。

 

そしてビタミンC誘導体となってお肌に浸透する効果が高くなるのですが、
さらに効果的に浸透させて行きたいのであれば、イオン導入機と言った美顔器を使って
ビタミンCのイオン導入をしたりすると、毛穴のケアに有効となっているので
積極的に使ってみたい方法です。(ただしリン酸型だけにして下さいね。)

 

 

 

皮脂分泌を抑えるビタミンB1、B2

特に顎ニキビは皮脂の過剰な分泌によって治らないといったようなことが起こりやすい場所でもあります。
皮脂分泌を抑えるものとしてはビタミンB1、B2といったものが有効とされています。

 

ビタミンB1は、炭水化物の代謝を助ける栄養素として活躍してくれます。
炭水化物がきちんと代謝されないと、皮脂が過剰な分泌を始めてしまうので
その予防として必要となってくるのです。

 

ビタミンB2は皮脂の分泌コントロールにとても有効な栄養素として知られています。

 

さらにビタミンEも血流の改善や角化異常(ニキビの原因)発生や色素沈着を防ぐのに役に立ってくれます。
そして抗酸化物質であるためシワ防止にも期待できるビタミンです。

 

このビタミンEは、このサイトで紹介しているメルラインにも含まれています。

 

 

 

メルラインの成分を見るとビタミンC誘導体は含まれていませんので、
顎ニキビの治し方としてここで紹介したアプローチ方法とは違う方向から取り組まれています。

 

 

 

どちらかと言えばメルラインは潤いや保湿といった部分に重点を置いていて、そこから生まれるお肌のサイクルによって顎ニキビ対策をしているといったアプローチ方法ですね。


そこに美白やリフトアップ、アンチエイジング効果が期待できる成分を盛り込んで
総合的なスキンケアを目指しているように感じます。

 

メルラインが最も力を入れているとされる保湿部分は、

他の化粧品と比べてここが一番のセールスポイントですね。

 

メルラインの保湿成分や効果については公式ホームページでかなり細かく記載されていて、
参考になる部分も多いです。

 

乾燥もニキビ発生に大いに関わってくる重要なポイントですので特に乾燥肌の人や、
最近お肌にハリや潤いがなくなってきたといった方には非常にオススメできる化粧品だと思いますので、
一度公式ホームページで確認して下さいね。

 

>>メルラインのお得なキャンペーンの詳細はこちら